過去巨人の外国人選手で活躍した選手!

 

 

 

 

 

 

 

今1番巨人ファンの人にインパクトを与えたのは、
ウォーレンクロマティ外野手だというのは、疑いの余地もありません。

 

 

クロマティはファンからも非常に人気者で、
クロマティ自身もファンサービス旺盛の選手でした。

 

 

クロマティは、守備にやや難があったものの、
打撃センス非常に高いものを持っています。

 

 

高打率で首位打者も獲得しています。
そして、ホームランもファンが期待している所で打つ選手でした。

 

 

非常にファンから好まれる選手でした。

 

 

クロマティは、頭部にデットボールを受けた翌日の試合で、
同点の場面で代打で登場し、バックスクリーンにホームランを叩きこんでいます。

 

 

このホームランはクロマティ怒りの一発と、
当時のマスコミは、翌日の新聞でこぞって取り上げていました。

 

 

クロマティが退団後、しばらく巨人は外国人野手に泣かされます。
投手は良い投手を取ってきますが、野手はことごとく外れです。

 

 

ばりばりのメジャーリーガー、シェーンマックを獲得しましたが、
数字は悪くないのですが、メジャーリーガーとして獲得しただけに、
不満の残る成績でした。2年8億円の契約でした。

 

 

一方投手はガリクソン、ガルベスが、15勝前後を上げる活躍を見せました。
ガリクソンも、ばりばりのメジャーリーガーでした。

 

 

そして、イ・スンヨプがロッテを解雇されると、巨人は直ぐに獲得しました。

 

 

巨人移籍1年目に、3割40本と、クロマティクラスの活躍を見せ、
巨人ファンを熱狂させてくれました。

 

 

しかし、巨人が直接取った外国人選手では無い為、
その点が残念でした。ラミレスもそうです。

 

 

そしていま、巨人が発掘してきたアンダーソン選手が、
第二のクロマティになるべく大活躍しています。
アンダーソンは、巨人が取った初めてのキューバ人選手です。